Resident入局・見学案内

先輩メッセージMessage

Message 01

2008年 入局

山村 和彦

Kazuhiko Yamamura

私が医師になったのは、アトピー性皮膚炎の病態解明と治療法の開発に興味を持ったから。そのため迷わず皮膚科を選択し、規模の大きな九大皮膚科に入局しました。研修医の先生からは、皮膚科に進むにあたって経験しておくべき科をよく尋ねられますが、私は特に科にこだわる必要はないと思います。むしろ入局後は経験できないことを研修医のうちに経験して、視野を広げてほしいと思います。

入局して特に良かったことは、炎症性皮膚疾患、悪性腫瘍、真菌、病理などそれぞれの専門家がいることです。規模が大きいため、十分な人員が確保できており、恵まれた環境だと思います。皮膚科の魅力は対応する疾患のバリエーションの多さと治療効果が”目にみえる”こと。学会でも、九大皮膚科の雰囲気はとても良いとよく言われます。わからないことは科内の別の専門グループに気軽に聞くことができ、良い環境だと思います。

Message 02

2013年 入局

大野 文嵩

Fumitaka Ohno

もともと外科的処置に興味があり、形成外科や一般外科などを考えていました。九州大学皮膚科は皮膚外科としての側面が強くあり、加えて決め手だったのは医局の分け隔てのない雰囲気と諸先生方の教育熱心なところでした。

入局して良かったことは、先輩後輩を含め多くの仲間がいることだと思います。皮膚疾患は多岐にわたり、九大皮膚科には各分野に精通した先生方が在籍しています。100名を超える医局員を有しており、同じ志を持った仲間と切磋琢磨できる環境があることは、モチベーションを保つ上でも重要だと思います。
上下分け隔てなく気軽に相談できる雰囲気です。

最近は働き方改革やシーリング制度など多様化する背景により、入局先の選択が難しくなってきていると感じます。その中でも皮膚科に興味を持っていただけた先生はぜひ一度見学に来てください。当教室の良さは実際に見て肌で感じてください!

Message 03

2014年 入局

前原 恵里子

Eriko Maehara

私には3人の子どもがいますが、育児中でも大学院で研究をされる女性の先輩医師の姿に勇気をもらい、大学院への進学を決意しました。入局の決め手は、アカデミックなカンファレンスや、若手医師でも外科手術を執刀出来る機会があることです。また、アトピー性皮膚炎の分野で世界有数の研究を行っている先生方の指導の元、研究に没頭出来る環境があり、非常に恵まれています。

九州大学皮膚科では、アレルギー・皮膚外科・悪性腫瘍・病理、どの分野でも個人の興味を尊重し、関連病院や国内外への留学など、成長をサポートする体制が整っています。育児中の女性医師も多く、みんな優しくしなやかで、お互いを思いやる雰囲気があります。また、先輩には公私にわたって様々な相談に乗ってもらい、後輩や同期とは日々励ましあいながら過ごしています。各々に合ったワークライフバランスを相談しながら、臨床・研究、両方の得意分野を活かして飛躍できる医局です。